2015年08月27日

第三回対話型鑑賞ファシリテーター講座2日目開催!

720日(月) 9:30-18:00    @品川区立総合区民館きゅりあん


対話型鑑賞ファシリテーター講座の2日目が行われました。

2日目は9:30から18:00という長時間講座!

しかも猛暑で朝から強い日差しが照りつけているにも関わらず、受講生は全員出席!

皆さんのやる気が伺えます。


今回のハイライト1つ目は、小さなグループに分かれての対話型鑑賞の実践です!

きくのとやるのとでは大違い!

実践終了後の振り返りでは、実践したからこそ沸き上がって来た感想や疑問が飛び交い、

積極的な意見交換が行われました。


IMG_0113.JPG


そして2つ目は、11でルールに基づいて会話を行うワークショップ。

毎日行っている「会話」をするだけと思いきや、

ルールが少し加わるだけでこちらもたくさんの気づきが生まれました。

「普段どれだけ相手の話しを聞き流しているかが分かった。」

「相手の言葉を自分の立場ではなく、

相手の立場になって理解しようとすることが重要だと気づいた。」

などとても深い感想がたくさん出て、皆ワークショップを通じて

対話型鑑賞を行う際の糸口を見つけていました。

その後も講義やワークが行われ、長かった1日が終了しました。



IMG_0132.JPG



そして、講座修了後はお待ちかねの交流会!

互いの普段の活動や、今回の講座の感想など様々な話題で盛り上がり、

あっという間の数時間となりました。


講座最終回は816日(日)に開催されます。

どんな充実した講座になるか、今からとても楽しみです!

posted by ARDA at 17:49 | 全体

第三回対話型鑑賞ファシリテーター講座1日目開催!

719日(日) 18:30-21:30   @品川区立総合区民館きゅりあん


3回にわたる対話型鑑賞ファシリテーテーター講座の1回目が行われました。

この講座は過去に2回開催されており、講座の卒業生は現在でも定期的に自主練習を行ったり、

自ら幼稚園等と交渉して対話型鑑賞授業を行うなど、非常に活発に活動しています。


3回目の今回は、初めて受講生全員が女性という華やかな講座に!

熊本県や群馬県から参加された方もおり、また小学校や高等学校の先生、

音楽関係、ダンス講師、人材関係企業などなど多様な方々が集まり、

程よい緊張感とこれからどんなことが学べるのかというワクワク感に包まれ、

1日目の講座はスタートしました。


まずは輪になって簡単な自己紹介をしてブレイクダウン。

その後講師の三ツ木のファシリテーションにより対話型鑑賞を全員で体験。

終了後は基本的な要素やポイントの説明が行われ、1日目は終了しました。


明日は朝9:30から18:00までの長時間講座です!

2日目の講座レポートもお楽しみに!

posted by ARDA at 17:43 | 全体

2015年08月25日

<西東京市・アートみーる>2期生研修・第5回

8/25(火)9:45〜13:00@コール田無

今日の2期生研修は「ひとりVTS」の説明からスタートです。
「ひとりVTS」はその名のとおりひとりでVTSをする方法なのですが、
学校でファシリテーターをする際の準備としてはもちろん、しばらく作品から遠ざかっていたときも大活躍します!

研修ではじっくりひとりで作品に向き合って対話をしたあと、書き出したシートをみんなで交換してみました。
全員同じ作品をみているはずなのに感じたことやどう分類するかは人それぞれ。
「なるほど・・」「ここ気付いてなかったなー」の声も上がります。
DSCN0874s.jpg

後半は前回の研修で習ったコーチングを実践しました!
DSCN0883s.jpg
コーチングのときはお互いのファシリテーションの良かったところだけでなく、
もっとこうしたら良くなるよ!という視点も持って互いに指摘してあげることが上達のためには不可欠です。
これまでいっしょに研修の時間を過ごしてきてお互いに打ち解けつつも、よい緊張感を保ちながら取り組んでいます。
この日は研修後にお昼から1期生も合流していっしょにお弁当を食べたあと、夕方まで自主練習も行われました!
2期生のみなさん引き続きがんばっていきましょうね!(石川)

2015年08月07日

<西東京市・アートみーる> 1期・2期合同 お楽しみ遠足@武蔵野美術大学美術館

8月からの夏休み期間中は小学校もお休みなので、アートみーるの学校訪問もしばしお休みになります。
月平均2校をまわる活動のなかで1ヶ月空くのは貴重で、これまでの復習やスキルアップに充てる時期としても最適です。
アートみーるではこの貴重な夏の間に去年から研修の特別版「お楽しみ遠足」@武蔵野美術大学美術館を実施しています。
今年も美術館の全面協力のもと遠足に行ってきました!

今回初めての試みとして西東京市文化振興課のホームページを通じて一般参加者への参加呼びかけも行ったところ、
1期生・2期生の14名を加えてみーるさんの家族・お友達・ホームページからの応募で16名も集まり計30人というにぎやかな会になりました!
展示室をお借りしたのは「絵の始まり 絵の終わりー下絵と本絵の物語」という日本画の展覧会です。
武蔵野美術大学は西東京市からも近い小平市にあり、無料にも関わらず貴重な作品を見られる展覧会も多々開かれています。
参加者からも初めて来たけどこんなに大きな美術館があるなんて知らなかった・・という声が毎年あります。

みーるさんたち、朝10時の開館と同時に入場しどの作品で鑑賞をするか1期生が決めていきます。
2期生は今回は鑑賞者としての参加です。
昨年度の反省を思い出しつつみんなサクサクと自主的に動いていました!
11時前に一般参加者をお迎えしたあと、グループに分かれていよいよ展示室へ出発!
15分ずつ、2作品で対話をしていきます。
DSCN0859m.jpg

DSCN0865m.jpg

鑑賞終了後にはみーるさんでのふりかえりもきっちりと。
よかったところ、課題として残ったところをみんなで共有します。
DSCN0867m.jpg

今年はどのグループからも作品選びがうまくいったという声が上がり大成功だったようです!
大人と子どもが混ざったグループでも互いの考えを尊重してしっかり聞いていたのが印象的だったという感想もあり、
年齢や立場を超えて対等な場を生み出す対話型鑑賞の奥深さも感じました。
お楽しみ遠足はみーるさんにとって息抜きでもあり、夏以降の活動へ向けて気合いを入れ直すような場にもなっています。
これからも継続していきたい活動のひとつです。 (石川)