2016年01月31日

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト 夢の力プロジェクト 「ろくぶて一族の冒険」B

2014年10月20日(月)・21日(火)・22日(水)
場所と対象:南相馬市立大甕幼稚園の5歳児
企画監修:今井紀彰(美術家)
主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト
協力:キヤノン株式会社
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3日目:2014年10月22日(水) 9:10〜10:30
参加者人数:13名

3日目は、グループで物語を作りながら、その場面を順番に数コマで撮影します。
まずは、2日目に撮った写真を大きくプリントしたものをグループで鑑賞しながら、
「どんな物語の写真なんだろう?何をしているところなのかな?」とみんなで考えました。
「○○しているところみたい」と友だちの写真についても会話しながら想像をふくらませました。

その後はグループでの撮影を行いました。2日目は個々に撮影して1枚を選びましたが、
3日目はグループメンバー全員でお話を作りながら、その場面ごとに写真撮影をしていく活動です。
あいにくの雨だったので、園の中の廊下や自分たちの部屋、普段は入ることのない園長先生の部屋に特別に入れてもらって撮影をしました。
部屋を移動しながら興味のあるものを見つけて撮る場所を決めるグループや、
「ドライブの旅」と設定を決めて目的地に向かうお話を順番に撮影するグループがありました。
おしゃべりしているところや何かを見ているところなど、シーンに合わせて人形の向きを調整したり、
撮影の角度にこだわるなど、演出に気をつかう様子も見られました。
3_01_IMG_2090_b.jpg

3_02_IMG_2084.jpg

3_03_IMG_2092_b.jpg

最後は撮り終わった写真を全員で見ながら、撮影したグループの発表を聞きました。
発表グループは緊張しながらも、それぞれの場面について説明してくれました。
3_04_IMG_0564_b.jpg※担任の先生撮影


その中から、みどりチームのお話をご紹介〜!
3_04_IMG_0013.jpg
@ドライブをスタートしたところ。恐竜(アロサウルス)のドライブくんがドライブしてる。

3_04_IMG_0014.jpg
Aお山に出発するところ。お山に向かっているところ。

3_04_IMG_0016.jpg
Bお弁当を食べているところ。おにぎりとハンバーグとレタス。黄色いストローが入っているのはジュース。

3_04_IMG_0018.jpg
C公園でボールで遊んでいるところ。


終了後に担任の先生からは「絵の表現と違い、自然と構図を考えたり光の入り方を考えたりしていた。カメラで写真を撮ることが子どもたちの自己表現になっていた。」
「言葉での表現が苦手な子が自ら積極的に写真を撮っていた。その子にとって写真が新たな表現手段になるかもしれないという期待を抱いた。」と、
園長先生からは「子どもたちがこれから生きていく中で、表現する力や受け止める力を身につけさせてあげたいと思っているので、とてもいい機会だった。」とのお話をいただきました。
幼稚園の子どもたちは震災前と同じくらい元気になっているというお話を実施前に園長先生からうかがっていましたが、
それを実感するワークショップとなりました。
子どもたちよりも保護者の方のほうが今は元気がないとのお話も。
その時々に必要とされていることをつかみながら、ARDAとしてできることを考えていきたいと感じています。(チカダ)
posted by ARDA at 22:51 | 震災復興支援プロジェクト