2013年12月25日

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト ARDA写真プロジェクト

12/10(火)南相馬市高平幼稚園

「カメラを持って、小さな旅をしよう!」
10:00-11:20 4歳児 計16名


講師:今井紀彰(いまいのりあき/美術家)
協力:吉野修(筑波大学准教授)、筑波大学比較文化学類学生たち、キヤノン株式会社
主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト


さて、今日は同じカメラワークショップを4歳児さんたちと一緒にやります!昨日の年長さんたちの活動を見ていた4歳児さんははじまる前からワクワクです。

IMG_0340s.jpg
ウォーミングアップの後は、待望のカメラを順番に受け取るこどもたち。

IMG_0343s.jpg
前日の反省を生かして、どうやって目で見て、カメラで見て、シャッターを押すかをわかりやすく説明する今井さん。ふむふむ。

IMG_0346s.jpg
さて、園庭に飛び出していきました!一体何とってんだろ?

IMG_0351s.jpg
お互いを撮り合ったり。

IMG_0354s.jpg
こんな格好でお花を撮ったり。
4歳児さんたちは迷うことなく、バシバシ撮影していました。

IMG_0373s.jpg
時間はあっという間に過ぎ、作品鑑賞の時間です。
おともだちの写真も楽しく鑑賞。

IMG_0381s.jpg
あーでもない、こーでもないと、みんなでおしゃべり。

・・・
では、4歳児さんの作品紹介です。

「オレにやさしいHくん」を何枚もとっていました。
やまざきりゅうた5m.jpg
この一枚は、「かっこいいくつだから」「クロだから」
撮影したのだそうです。楽しそうに上がった左足がポイント!


福島県立博物館の小林さんは人気の被写体。なんで、とったの?と聞くと
「んと、、、、、おねえさんのおねえさん。」
ななちゃん1m.jpg
おねえさんのおねえさんって、どういうこと?ときくと、
「本当のおねえさん」、、!!!
なんか、言いたいことわかります。そう、小林さんは頼れる本当のお姉さんです。



「これさ、おしりが、、、、おしりが、おにいさんとKくんが、ぶつかんっこしているみたいだからとったの。」
おしりが、ぶつかりっこしているみたいだったんだ?ときくと、「うん。」
えんどうゆうしん5m.jpg
そんなところを見てとっていたのかっ!!!話を聞いてみると一枚一枚の写真がさらに魅力的に見えてきます。



4歳児さんには難しいかもしれないと思った活動でしたが、とんでもない!
子ども達はしっかり自分の見たいものを写真におさめ、つたない言葉で何をとろうとしたのかを語ってくれました。これらの子ども達の写真は、筑波大の学生さんたちの手で1冊の冊子となって、子ども達にプレゼントされます。

終わったあとの反省会では、園長先生も「こどもたちが一人一台カメラをもって、活動する機会なんて、なかなかない。難しい活動ではないかと思っていたが、こんな写真がとれるんだと本当にびっくり。子ども達の視点や考えていることがのぞけたようか気がしました。」と。そして、1月には今回は残念ながらお休みした3人の子と、5歳児さんたちともう一度ワークショップをしようということになりました。
カメラのコツをつかんだ5歳児さんはまたどんな作品をとってくれるのか、今から楽しみです。(三ツ木紀英)
posted by ARDA at 16:52 | 震災復興支援プロジェクト